2013年11月02日

豆腐店、「365日働いても利益ない」と続々廃業

1 : ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★:2013/11/02(土) 16:45:24.48 ID:???0★
豆腐店、続々廃業「365日働いても利益ない」

豆腐業者が倒産や廃業に追い込まれるケースが増えている。
大豆価格の高騰に加え、スーパーから値下げを求められるなどして経営が悪化し、豆腐業者はこの10年間に全国で約5000軒が廃業。今年8月に破産申請をした都内の業者は「365日丸々働いても利益が出なかった」と苦しい日々を打ち明けた。

1957年創業の豆腐業者「仙台屋本店」(東京都三鷹市、8月に自己破産申請)の及川英一さん(37)は、大学を卒業した3年後から、祖父が開業した同店で父親とともに働いてきた。

従業員は最大20人で1日2000丁を製造してスーパーに卸すほか、10年前には杉並区のJR阿佐ヶ谷駅近くなどに三つの直売店を開設。豆腐を加工した食材なども手がけ、好調な時は年4億円を売り上げた。

だが、5年前から輸入大豆の価格が高騰。豆腐の一部を別の業者から安く仕入れて費用を下げるなどしたが、
3年前には3店舗とも閉鎖。デフレの影響でスーパーからも値下げの要請を受けたが、経営が苦しいため、
むしろ値上げしてほしいと相談すると、取引が打ち切られた。

スーパーの中には協賛金の名目で売り上げの7%の「上納」を求めたり、売れ残った分は買い上げてくれずに
丸ごと負担させたりするところもあった。

今年になって、外国産大豆はさらに値上がりし、1〜9月末の平均価格は1キロ当たり84・2円で、
この10年で最高値となった。国産大豆もそれに合わせて値上がりし、経営を圧迫した。


(2013年11月2日13時33分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20131102-OYT1T00227.htm






続きを読む


posted by Aya at 18:12| Comment(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月26日

「不満があるのに転職しないで会社に寄生する人が、声を大きくブラックだ!と言うのっておかしい」

1 :影のたけし軍団ρ ★:2013/10/26(土) 17:27:10.93 ID:???0Twitter発言からの炎上騒動では

「兄」と慕うホリエモンを凌ぐ勢いとなってきたステーキけん井戸実社長。
最近も珍しい連続炎上となる事例があったので紹介したい。まず、問題視されたのは次のような発言だ。

「今日から日テレで労基を題材したドラマ『ダンダリン』が始まるけど、 頑張っている人、会社に必要とされている人は労基って必要性が無いんだよね。厳しい言い方で言うと、必要とされない人が会社と揉めて駆け込むのが労基。ドラマの題材にするには少しナンセンスかな。」

「なんで低所得者に現金を配らなくてはならないのだろう? なんで住宅購入者に給付金を与えなくてはならないんだろう?
買わなきゃ良いのに。家なんて。 そんな使われ方の為に消費税が上がる事を賛成してる人達の意味が理解出来ないのだけど。」

「月曜日の朝からいい大人がママチャリを立ちこぎで激走してるのを見ると、あんな人生はキツイなぁ。と心から思う。」

これらのTwitter発言から大炎上となったわけだが、冷静に事態を見守るものらは「資本主義として間違ったことは言っていない。ママチャリ激走人生はキツイで炎上すべき」と矛先のズレを指摘している。また、その翌日には次のような発言で炎上となった。

「簡単に起業って言うけど、出来る人はそもそもそんなしょーもない文句言わないから。つまり自分の勤めてる会社がブラックだ!とか言ってる時点で次は無いのよ。」

「だいたい不満があるのに転職しないで文句言って働き続ける人が1番ブラックだよ。」

「職業選択が自由なのに、不満があるのにその会社に寄生する人が声を大きくブラックだ!と言うのっておかしいでしょ。そう言う人に限って、仕事がそんなに無い!って言うけど、仕事はいくらでもあるから。結局選んでるだけじゃんか。」



http://news.nicovideo.jp/watch/nw816494









続きを読む
posted by Aya at 18:30| Comment(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月19日

韓国のイージス艦の対空ミサイルが反対方向に飛んでいくなどの不具合多発。

1 :犇@犇φ ★:2013/10/19(土) 17:05:27.07 ID:???■

海軍対空ミサイル、相次ぎ不発 … 欠陥補償要求に米国は「ノー」

[アンカー]
我が国海軍の主力対空ミサイルであるSM-2。敵のミサイルから我が国の空を守る 重要な兵器ですが、実際に射撃をしてみると命中率が落ちるだけでなく発射直後に爆発したり不発事故も相次いだといいます。金ジョンホ記者が取材しました。

[レポーター]
艦艇垂直発射台から誘導弾が発射されます。敵の航空機と巡航ミサイルを打ち落とす海軍の主力対空ミサイル「SM-2」です。

ところが、昨年のリムパック訓練の際、イージス艦「栗谷李珥」から撃ったSM-2は、4発中2発が発射直後に爆発しました。目標物の反対方向に飛んで行くなど軌道を離脱したため自爆したのです。

[インタビュー: 洪ヨンソ大佐/海軍広報室長]
「命中できなかった誘導弾4発のうち3発は部品の欠陥だと判明し、残り1発は原因分析中です。」

[レポーター]
SM-2の一発当たりの価格は約20億ウォン。軍当局は米海軍に対して欠陥補償を要請しましたが、困難だという回答だったといいます。

海軍は検査を通じて欠陥をほとんど補完したとして、イージス艦のSM-2の命中率を高める対策を用意すると明らかにしました。

▽ソース:MBCテレビ(韓国語)(2013-10-16 22:34)
http://imnews.imbc.com/replay/nwdesk/article/3354839_5780.html
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=100&oid=214&aid=0000289528

前スレ: http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1382140922/







続きを読む
posted by Aya at 19:00| Comment(0) | 軍事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。